2018年6月18日 (月)

中1のお子様を持つお母さんへ

何人かのお母さんとお話しして気づいたのですが・・・お母さんはテストが近づいているので当然「中学生になったんだからちゃんと勉強しなさいよ!」と言いますよね。

すると当然「ちゃんとしとる!!annoy」と倍のエネルギーで子どもから返事が返ってきてるようです。
じゃあ私からお母さんに「テスト範囲は確認されました?」って聞くとほとんどみんな見ていないんです(^_^;)  「もう中学生だから」ということのようです。
/
でも、中1の子にとって初めて見るテスト範囲の情報は、「多すぎる」し「細かすぎる」ので、ざっと教科書の範囲を見るくらいで「ちゃんと見た!」気になっても、とっても大切な情報を見落としていることが結構多いんです。
だから塾では、一緒に範囲表を見て何が大切かを教えています。「絶対に落としてはいけないところ」にマーカーを引いて注意を引いたりもします。
お家でもぜひ、一緒に範囲表を見て「ここはできてる?」という風に一緒に確認してあげてください。その作業をすることで、ちゃんとしたテスト対策ができたりします。
ここで注意です^ ^
「ほらーやっぱりできてない!」とか「ちゃんとしとらんやんねannoy(佐賀弁・笑)」等の言葉は禁句です。
子どもなりに、テストに対するストレスがかかっているときにさらに圧力をかけると、テスト対策勉強がよりつらくて嫌なものになってしまいます。
「一緒に乗り越えようね!」くらいの気持ちで接してあげてくださいね^ ^b

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

テスト対策は順調ですか?-2

中学のテスト範囲を見ると、どの教科も「ワーク」の範囲指定がありますね。

言い換えると、「ワークから出すよ」って教えてくれているわけです^ ^
/
すっごい親切な範囲表です(笑)
でも、せっかくの善意を無にする勉強の仕方の人がいます。残念!
塾では、ワークを持ってきて進み具合を確認して、やり方を説明しています。
大切なのは「やりっぱなしにしないこと」
間違いを洗い出したら、しっかり解きなおす仕掛けが大切です。
テストまでもう数日あります。
しっかり取り組んでくださいね^ ^v

| | コメント (0)

2018年6月15日 (金)

テスト対策は順調ですか?

市内の公立中学校は期末テストが来週に始まります。

対策は順調ですか?
部活(特に運動系)に入っている人は中体連の練習や試合もありなかなか忙しく、体力的にもつらい時期かもしれません。
でも、部活本来の目的を考えると、こういう時に頑張ることこそ「体と心を鍛える」ことができると言えるのだと思います。
ただ、テストが迫った「限られた時間と体力」の中でしっかり勉強するには「(集中できる)静かな環境」「無駄のない学習」が求めらます。
ですから、テスト前はただやみくもに問題を解くのではなく、勉強の仕方にも「頭を使って」工夫して取り組みましょう^ ^
/
やり方が分からない時は、遠慮なくお尋ねくださいね^ ^b

| | コメント (0)

2018年6月12日 (火)

期末テストが近づいてきました^ ^

テストの準備は順調ですか?

塾では、「学校のワーク」や塾で作った「予想問題」で練習しています。
テストでしっかり点数を取るために大切なことは、ワークや予想問題は「やりっぱなし」にならないようにすることです。間違えを赤で書き直して、なんだか勉強した気になってしまう事が無いようにしてくださいね。
間違えた問題は、他の紙に書きだして、例えばポケットに入れてちょっとしたときに読み返すことをお勧めします^ ^
勉強は机に座ってするときだけじゃなくって、ほんのちょっとしたときに見返すと「ちりも積もれば」効果(笑)で結構な勉強量になりますよ。
テスト前の今、そういう勉強の仕方を試してみるのもいいと思います^ ^b
/
気持ちよく、夏休みを迎えるためにしっかり頑張りましょうね!!

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

塾の利用の仕方-歯医者さんと似ている・・・

今日言いたいなぁと思っていることはすべて上のタイトルそのままです・・・

僕は歯医者さんが苦手なので、いよいよいかなきゃダメ、もう我慢できない!!という時まで腰をあげません。。。で、病院に行って、歯医者さんにこってり説教されることになります。「なんでここまでほうっておいた!」。そうしてまた歯医者さんに行くのが億劫になってきます・・・。(悪循環・・・)
でも家族はみんな定期的に行って歯石を取ったり検診してもらっているようです。
時々コマーシャルで聞く「予防歯科(?)」という考えで行ってるんですよね。
もちろん僕もそれがいいのはわかっているんですが・・・
塾もちょっとそれと似てるなと思います。
塾に来る人を見ていると、
歯医者に行く前の僕のように
「もうダメ!何とかしないとヤバイ」となってくる人がいます。
そういう人に必要なのは「応急手当」。とりあえず苦手科目の直近の苦手単元をどうにかしないといけません。
そこで何とかなっても、結局その単元だけ何とか繕っただけなので、後で時間をかけて他の単元もしなければなりませんし、そこからが本当に根気のいる大切な勉強になります。
でも、弱点を何とかした後に日々の勉強もしていくわけですから、すでにコツコツ頑張っている人に追いつくのはかなりの根気と労力が必要になります。
だから本当はやっぱり「予防歯科」の考え方で日々の勉強も、「虫歯(=弱点)」ができてから塾で何とかするよりも、通塾回数は少なくてもいいので、大きな弱点ができてしまう前に塾で見てもらった方がいいのではと思います。
もちろん、塾に行かなくてもしっかり自己管理できるのであれば行く必要はないとおもいますが^ ^b

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

得点力を上げる

「うちの子、授業はわかるというのに点数が悪いんです」

時々こういうお母さまがいます。
今日はこのことを考えたいと思います。
「授業がわかる」というのは、内容を理解していること。スムーズに情報が頭に入ったということ。だから、問題を解いて高得点を取るというのとはまた別物です。
「得点を取る」は「できる」ということ。
そのためには・・・
①授業を理解する
   ↓
②定着するように、覚える
   ↓
③覚えたものを、表現できるよう「繰り返し」練習する
   ↓
④ミスしやすいところがあればさらに練習し「調整」する
が必要です。
でも、多くの子は①の段階で安心してしまい、テストで大変なことになってしまうのです。
もちろん①があって初めて②③・・・と積み上げていけるのですが、①だけでは満足いく結果は得られません。
繰り返して、身につけることを決してサボらないことが大切!
高得点を取るというのは、そういう段階があるということです^ ^b

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

文武両道

中1の君はこれから部活動と勉強の両立を考えないといけませんね。

佐賀は特にほとんどの人が部活に入るので、君も「入るかどうか」ではなく「何に入るか」を考えて、もしかするともう「体験入部」中かもしれませんね。
部活動(特に運動部)は小学生のころよりもっとハードになり体力の限界まで練習する日も出てきます。
確かに、部活は体だけでなく心も鍛えることができると言えるでしょう。
でもここで考えてほしいことがあります。
部活で疲れたことを言い訳にして勉強をさぼってはいけないということです。
人は楽な方に流れがちです。その気持ちを押さえて頑張るからこそ心が鍛えられるのです。
ですから部活を理由に勉強をさぼるなら、部活の真の目的を果たせません。
きつくても、日々の勉強もきちんとするからこそ心も鍛えられるし、学力もしっかりと定着していくのです。
一歩ずつコツコツと進んでいきましょうね^ ^
/
応援していますよ!!

| | コメント (0)

2018年3月14日 (水)

それが大事!

昨日、県立高校合格者発表があったが、今日は学校で出された課題をもって「新」高校生がやってきた。

もちろん気持ちは浮かれていると思うが、やるべきことはきちんとする。
それが大事♪
これから、平たんでなくいろんなことがあると思う。
そんな中でも、「淡々(たんたん)」とすべきことをきちんとすること。
そういう人が、人から信頼される安定した人になっていくと思う。
いい一歩を踏み出せたね^ ^
頑張れ!
新高校生!!!
・・
・・
佐賀市 塾 受験 成績アップ 勉強の仕方 テスト対策 高校入試 高校合格、小学生、中学生、高校生の塾

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

モー勉中-朝のテスト対策

おはようございます。

今朝も冷えますね。地元の中学は学年末テストが始まりました。
もう準備は万全ですか?塾では朝からテスト対策中です。
今日のテストに備えてしっかり復習しましょうね。
朝の軽食付きですhappy01
これで、今日もばっちりですねscissors
Img_1848
佐賀 佐賀市 塾 受験 成績アップ 勉強の仕方 テスト対策 高校入試 高校合格、小学生、中学生、高校生の塾

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

勉強する雰囲気づくり-相乗効果-

僕の教室では、個別に勉強しているので同じ教室に複数の学年が勉強している。

例えば今日のある時間帯は、小学生3年生と中学3年生が近くの席で勉強していた。
そのため受験学年でない生徒は、受験生がどんな姿勢で、雰囲気で、またその表情から見える気持ちがどんなか、を肌で感じながら一緒に勉強している。
特に今の時期、受験生の様子をすぐそばで感じることは他の学年にとって、大げさでなく計り知れないいい影響が見られる。
受験生の学習姿勢が他学年の学習姿勢の「ベースライン」になるのだ。
当然「集中しろ!」とか「静かにしろ!」なんて言う必要はない。
必死に頑張っている受験生に倣って集中して取り組むようになるからだ。
注意しなくても、勉強中のおしゃべりが「場違い」な行為であることを感じることができている。こうして「自発的に集中する雰囲気」を作っている。
佐賀 佐賀市 塾 受験 成績アップ 勉強の仕方 テスト対策 高校入試 高校合格、小学生、中学生、高校生の塾

| | コメント (0)

より以前の記事一覧