« 夏期特訓講座 スタート^ ^ | トップページ | 本気でがんばれる子 »

2020年8月 8日 (土)

努力できる人とできない人のちがい

佐賀市の小中学校は、夏休みに入って1週間がたちましたね^^

いい休みを過ごしていますか?

 

今日は「努力できる人とできない人のちがい」を考えたいと思います。

 

今日考えるのはあくまでも努力の一面です。でもこのことを意識するなら、

休み残り2週間を無駄にせずに済むかもしれません。

 

 

努力できる人を言い換えるなら「自分を疑わない人」です。

 

ときどきいますよね、「先生こんなことしても無駄じゃない?」とか

「こんなことしても意味がない」って疑う人。

 

誰でもなにかを初めてしばらくたつと、疑いの気持ちを持つことがあります。

「あれ?これでいいんだっけ」「もっといい方法があるんじゃないかなぁ?」

なんて感じです。

勉強は特にそういうことが多いように感じます。

勉強に飽きた時の言い訳(時には無意識に)に使う人もいますね。

 

もちろん勉強にも工夫は必要です。でも、工夫ばかり追い求めて、肝心の基

本的な練習を怠ると、どんないい方法でも力はつきません。バランスが大切

ですね^ ^

 

だから、例えば単語をノートに書いて覚えるようにしたら、ある一定期間は

それでやってみる。そうしてその後、工夫したり、先生にアドバイスを求め

たりする。今、自分がやっていることを疑うよりもまず「継続」してみる。

その姿勢が大切です。

ある程度続けられると、達成感を感じ前よりもっと「継続」が苦でなくなりま

す。

 

夏休み残り2週間。例えば1週間刻みで集中してやってみて。そうしてちょっと

振り返って改善する。そんな風にやってみてください。

努力できる人になるために、ちょうどいい練習期間ですね^ ^

 

《まとめ》

努力できない人は、自分のやっていることを疑ってすぐにやめる人

努力できる人は、自分を信じて継続する人

|

« 夏期特訓講座 スタート^ ^ | トップページ | 本気でがんばれる子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏期特訓講座 スタート^ ^ | トップページ | 本気でがんばれる子 »